U2の今後の活動予定はどうなる!?ボノが自転車事故によりギターが弾けなくなるかもしれない!

ボノ

アイルランドの人気ロックバンド「U2」のリードボーカルのボノが昨年の自転車事故の怪我の影響により、ギターが弾けなくなる可能性が大きい事を今年元旦、バンドのウェブサイトで発表した。

リードボーカルだけでなく、ギターもプレイしながらステージ歌う事もあった彼だが、去年の秋頃にニューヨークのセントラルパークでサイクリング中に自転車事故を起こし、腕や肩甲骨、顔面の骨を何カ所も折るという大怪我を負う。その怪我の回復が芳しく無く、今後ギターが弾けなくなるかもしれないと言うのだ…。

U2 ボノのプロフィール

本名:ポール・デイヴィッド・ヒューソン

出身地:アイルランド

生年月日:1960年5月10日

ステージネームの「ボノ」の由来は地元の親友がつけたニックネーム。補聴器店の店名「ボナ・ヴォックス」から取り、この「ボナヴォックス」はラテン語で「良い声」の意味がある。ボノの歌声と結びつき、このニックネームにされたとされれている。

ロックミュージシャンとしての顔の他、国際的な慈善活動家としても有名でノーベル平和賞の受賞候補に3度選ばれる程。

U2の歌詞の殆どを手がけており、その内容は政治や宗教など社会的な内容がかなり多い。

この慈善活動や社会的な歌詞を書く背景には、カトリックとプロテスタントの宗教対立が深刻なアイルランドでカトリックの父とプロテスタントの母の間で生まれた事が大きいとされている。

カトリック、プロテスタントと宗派を超えた両親の愛の中で育った事により、人種差別や宗教対立など社会的な思想を持つようになったのであろう。

2014年11月での自転車事故

ニューヨークでのセントラルパークでサイクリングをしていた時の事、他の自転車をよけようと転倒。

腕や肩甲骨、目の周りの骨を骨折するという重症に。手術を受けたが中々怪我の回復はよくなく、先述したようにギターが弾けなくなる可能性が大きいという事になってしまう。

自転車事故とはいえ、セントラルパークでの自転車事故は結構問題になっている。

自転車とは言え、ロードバイクのようなスポーツタイプで軽量化され、かなりスピードを出している人が多い。ママチャリのようにトロトロ走ってるわけであ無いので事故が起きれば悲惨な事が起こってもおかしくないだろう。

現に、既にサイクリング人口が増えてる東京でも新しく自転車の交通法が整備されたりと、自転車での事故の問題はサイクリング人口が増えてる近年、深刻になっている。

U2の今後の活動についてはどうなっていくのか?

まず、ボノはギタリストというよりもシンガーである。ギターが弾けなくても歌う事が出来るのであればステージや音楽活動は続けて行ける。

しかし、今年予定しているコンサートツアーの準備に集中する為に、2015年前半の人前に出るスケジュールを全てキャンセルしたとの事。

まだ、ギターが完全に弾けなくなってしまったと決まったわけでは無いので、怪我の回復にも努めるのかもしれない。

いくらシンガーでもミュージシャンとして一つの音楽表現であるツールのギターが弾けなくなるのはとても辛いだろう。どうか、ちゃんとギターが弾けるようになって貰いたいと思う。

 

SPONSORED LINK

応援よろしくお願いします<(_ _)>
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ