【動画あり】高校サッカーで話題の大原櫻子!応援歌「瞳」について調べてみた!歌詞は?PVの撮影場所は?

ooharakoukou

第93回全国高校サッカー選手権の決勝戦で同大会の応援歌である『瞳』を涙を流しながら熱唱した大原櫻子がかなり注目されて話題となっています。

この大原櫻子の『瞳』、相当にいい楽曲だと思いますが、この『瞳』の歌詞の意味やPVの撮影場所など楽曲について興味が湧いてきたので色々と調べて纏めてみました。

SPONSORED LINK

全国高校サッカーの応援歌、大原櫻子の『瞳』の歌詞の内容は?

『瞳』は大原櫻子のシングルとして2枚目の楽曲だそうです。第93回全国高校サッカー選手権の応援歌として書き下ろされ、この楽曲で大原は初めて作詞に取り組んだと言います。

作詞をするにあたっては、自ら高校サッカー選手権の会場に足を運び、選手の熱や家族の想いなどを実際に感じ、また自身も学生の頃には水泳部として頑張っていたらしく、その頃に抱いていた思いもこめて書いたそうです。

楽曲に、歌詞に思いが強くこもっているからこそ、決勝戦の舞台で歌った際に感動して涙が溢れたんでしょうね。

大原櫻子『瞳』の歌詞、全文

歌詞を全部読んでみると、真っ直ぐな思いが込められてるのがわかりますね。

難しい表現や言葉は使わずに、自分の水泳部時代に共に頑張った仲間の事だったり、実際に自分が感じた選手達の思いをそのままに書いてるような気がします。

このような真っ直ぐな歌詞が人の心を打つんでしょうね。

大原櫻子『瞳』のPV

このビデオクリップはGReeeeNの「キセキ」をはじめ、さまざまなPVを手掛けるCHOKUが監督を務めたものらしいです。

撮影場所は「全国高校サッカー選手権大会」開幕戦の行われる東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場にて撮影されたようです。

雲一つない晴天の中で歌う大原櫻子が爽やかでとても可愛いですよね!

今年ブレイクが期待される大原櫻子、今後の活躍が楽しみです!

SPONSORED LINK

応援よろしくお願いします<(_ _)>
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ