【画像あり】清原和博の現在。自殺も考える程悲惨な状況だったと暴露

kiyohara2014年、薬物使用疑惑の噂も上がり、9月には離婚もした元プロ野球選手の清原が「アサヒ芸能」のテリー伊藤との対談に登場し、昨年の騒動から現在の生活ぶり、巨人入団の経緯や球界の問題に至るまで、暴露しました。

清原と言えば、「薬の禁断症状に苦しんで病院の精神科に緊急入院した」「クラブママと愛人関係にあった」「口座残高は9000円……」と沢山の噂がありますが、一体真相はどうなのでしょうか?

清原本人が現在の生活と騒動について語っています。

SPONSORED LINK

清原和博の現在。かなりの激ヤセ!

↓現在の清原氏の画像。

2b3c995a-s画像を見るとかなり激ヤセしているのがわかります。

「アサヒ芸能」の対談記事によると、糖尿病の治療のために禁酒と食事制限を守り、かなりの減量に成功したらしいのです。

糖尿病の治療であれば健康的な痩せ方ですが、痩せた清原を見てネット上では

「見てて辛い…」

など、悲壮な声があがっています。

それもそのはずで、悲惨なのは何も見た目では無く、現在の生活ぶりも本人いわく

「生きる力を失った時期がありました。自決しようと思った時もありました」

「四国八十八ヶ所のお遍路も考えた」

と話す程です。

その現在の生活ぶりとは、離婚して一人暮らしとなり、家事に不慣れの為なのか、洗濯を溜め込みすぎて一気に洗濯したら乾燥機を壊したり、食事はマスコミの目を避けて行きつけの韓国料理店かコンビニ弁当で済ますという生活。

やはり、現役当時のスター選手ぶりと、「番長」と呼ばれた豪傑ぶりからは考えられない生活ぶりです。

やはり、自分でもそんな生活の落差に耐えかねたのか、自殺を考えた事を語っています。

しかし、その勇気も無く、代わりに糖尿病の治療を放棄するなど、自暴自棄になっていたようです。

「薬物使用疑惑」「クラブママと愛人関係にあった」「口座残高は9000円……」など騒動について

この「アサヒ芸能」の対談で、こういった騒動について一部始終は語っていませんが、そういった騒動について纏めて清原は

「現役時代であればホームランを打つなどの活躍によって黙らせることができたが、引退した今は騒動を黙らせる叩く道具が無い。」

と、話しています。

それぞれの騒動や、噂について否定も肯定もせずといったスタンスで話しています。

なんだか、すっかり現役当時の豪傑ぶりから考えられない程、自分に自信を無くされてしまってるのがよくわかります。

学生時代から野球にのみ打ち込み、スター選手となった清原にとって、野球も無くしさらに家族も無くし、何も自分に無くなってしまったのだと感じているのかもしれません。

こういった状況を考えると、確かに悲壮感が溢れてしまいます。

今後、糖尿病も治療して野球関係の仕事につくなどして自信を取り戻し、また以前のような豪傑ぶりを感じさせる「番長清原」に戻って欲しいものです。

SPONSORED LINK

応援よろしくお願いします<(_ _)>
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ