ロンギヌスの槍を月面に『実際に』刺す!?エヴァンゲリオンの名シーン実現に!

img57096373アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のの放送20周年を記念して、ロンギヌスの槍を月面に刺すという、アニメの名シーンを実際に再現しようという、壮大すぎるプロジェクトが発表されました。

この宇宙規模の壮大な計画についての詳細を色々と調べてみました

SPONSORED LINK

ロンギヌスの槍を月面に『実際に』刺す!?

アニメのエヴァンゲリオンが放送されてから今年で20周年。

1995年に放送されてたんですね。今考えると20年前のアニメとしてはかなり先進的だったのでは無いでしょうか。

20周年にあたる今年2015年と言えば、エヴァンゲリオンが舞台としてきた時代も2015年です。

主人公の碇シンジが「逃げちゃダメだ!」なんて言いながらエヴァに乗って使徒を殲滅したのが2015年なわけです。

そんなエヴァと関わりが深い今年、壮大なプロジェクトが計画されたというわけです。

それが

「ロンギヌスの槍を月面に『実際』に刺す」

という計画。

「ロンギヌスの槍」はシリーズを通じて鍵を握る二又の槍であり、アニメの中で成層圏に飛来した使徒殲滅のためエヴァ零号機によって投げ放たれ、月面で回収不能となりました。

そんなアニメの名シーンを実際に再現しようという事ですね。

かなり壮大すぎます。

この計画は、エヴァンゲリオンの公式プロジェクトのようで、月面への打ち上げ・輸送や「ロンギヌスの槍」の射出は、株式会社ispaceが運営する日本初・民間月面無人探査プロジェクトチーム「HAKUTO(ハクト)」が技術協力するとのこと。

放出予定の「ロンギヌスの槍」は全長240mmで、チタン合金製。

気になる計画実行は2015年末~2016年末を予定しているとのことです。

しかし、これだけの計画ですからね。かなりの資金を必要とします。

ネット上で資金支援を募るクラウドクラウドファンディングにて資金を集めるようで1億円の調達を目標にしているようです。

資金支援者へのリターンとして「山下いくと描き下ろしイラストポスター」、5万円出資者には「ロンギヌスの槍に名前が刻まれる権利」、1000万円出資者には刀匠により製作されたロンギヌスの槍が贈られるそうです。

エヴァンゲリオンといえば、現在もかなりの熱烈ファンが多いアニメですから、それなりの資金が集められるんじゃないかと思います。

この壮大な計画が実現したら益々エヴァンゲリオンは伝説のアニメとなりそうですね!

SPONSORED LINK

応援よろしくお願いします<(_ _)>
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ