【訃報】萩原流行がバイク事故で死亡!認知症、うつ病が原因か?自殺の可能性も!

001112俳優の萩原流行さんが、2015年4/22にバイク事故で死亡した事が判明しました。

享年62歳でした。

22日、午後6時頃に杉並区高円寺南の青梅街道で倒れてる萩原流行さんが発見され、病院に運ばれましたが、一時間半後に死亡されたそうです。

萩原流行さんは愛車のハーレーダビットソンに乗っていたようで、バイクと萩原流行さんは1メートル程離れていたそうです。

事故が起こった時は雨が降っていて路面も濡れていたのでスリップして転倒しやすい状況だったとか。。。転倒した後、後続の車両にひかれてしまったようで、それが死因となる致命傷になったようです。

SPONSORED LINK

萩原流行さんは今年3月23日にやはりバイクを運転中に転倒して右腕を打撲する怪我を負ったばかりです。

また、去年の10月には乗用車を運転中に歩行者と衝突する事故を起こしています。しかも、歩行者は腕に怪我を負ったのですが、萩原流行さんはそのまま去ってしまう、いわゆる「ひき逃げ事件」を起こして今年3月に書類送検されています。

さらに一昨年の1月にも、乗用車を運転中に50代の女性が運転する自転車と接触事故を起こして怪我をさせています。

わずか2年間の間で4回も交通事故を起こしているわけで、これはどう考えても頻繁に起こり過ぎでは無いかと思います。

因に、これらの事故は全て自宅のある杉並区内で起こったそうです。

萩原流行の事故は病気によるもの?認知症や鬱病が原因か?

「萩原流行は認知症じゃないか?」

このよう噂が広まっているようです。

原因としては、先月の3月23日の事故の際に

「事故を起こした事を覚えていない」

と、いった内容のような事を話していた事から疑いが持たれたようです。

確かに、認知症であれば物忘れは当然あります。

また、認知症が進行してしまうと自分の体力の衰えも認知出来ず、バランス感覚が低下し転倒しやすくなるらしいのです。

こういった事から、度重なり起こる交通事故は認知症が原因では無いのかと噂が広がっていますが、萩原流行さんが認知症だという事実の情報はどこにもありません。

しかし、萩原流行さんは1992年から「うつ病」を患っていたそうです。

夫婦でうつ病を患っていた事も告白し、2009年には「Wうつ」という著書を出版されています。

また講演やテレビ出演などで、うつ病との向き合い方について伝える活動なども行っています。

萩原流行さんがうつ病を患っていたのは事実情報として揃っています。

うつ病は放心状態で行動したり、記憶が飛ぶという事も珍しくありません。

事故を起こした原因を覚えていないのは、うつ病による物だと考えられます。

頻繁に起こる事故、自殺の可能性も?

萩原流行さんは先述したように、今回の事故も含めれば2年間で4度の事故を起こしています。

これには警察関係の方もあまりにも多すぎる…という事で薬物使用の疑いも掛けて、現在は血液検査をしているようです。

しかし、先述したように萩原流行さんは、うつ病を患っていました。

うつ病の薬である抗うつ剤の副作用には、思考力低下や眠気、運動能力低下などの可能性も秘めています。

このような薬の副作用によって事故を起こし易くなってしまった可能性も否めません。

また、うつ病になると突発的な衝動的な自殺衝動、自傷行為もよくあります。

運転中により突発的な自殺衝動が起こった事も可能性としては考えられてしまいます。

どちらにしても、この頻繁に起こる交通事故はただ事ではありません。うつ病が深く関わっていると言ってよいでしょう。

しかし、個人的に個性的な演技をする萩原流行さん、本当に好きでした。

中でも真・雀鬼に出演されていたのが本当に記憶に残っています。

大変残念ですが、ご冥福をお祈り致します。

SPONSORED LINK

応援よろしくお願いします<(_ _)>
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ