【都市伝説】地図から消された村、「杉沢村」の場所は何処に?

結構前の話ですが、「奇跡体験アンビリバボー」という番組で地図から消された村「杉沢村伝説」を番組で追っかけていました。

青森県にあるというその村は、大量虐殺事件の末、地図上から抹消されてしまったという、いかにもオカルト好きが飛びつきそうな話題の村でした。

しかし、その村の場所が一体何処にあるのかわからない…という事で、真相を追う!とアンビリバボーが番組として取り上げてたのを記憶しています。

基本的に俺はオカルト好きなので、こういった類いの話が大好物です。

当時、食いついて番組を見ていましたが、結局真相はわからないまま、杉沢村の特集も終わってしまいました。

なんだか最近ふと思い出し、妙に気になってきたので自分で色々と調べてみました。

杉沢村伝説とは?

ネット上で噂が広がり、「奇跡体験アンビリバボー」が特集を組み一般的に知られていった「杉沢村伝説」。

その概要とは

昭和の始め頃まで、青森県に杉沢村という小さな村が存在していた。その杉沢村に住む1人の青年が村民を襲い、無差別に大量虐殺を起こすという事件が発生する。青年自身も含め、全ての村民を死なせてしまい、杉沢村は住人のいないゴーストタウンと化してしまった。

この事件に対し、政府は隣村と合併させて村自体を消滅。地図上から抹消されてしまった村となっている。

その杉沢村跡には怪奇現象が後を絶たず、ネットの世界で噂が広がっていった。

このような概要でした。

杉沢村伝説のエピソード

杉沢村について、数々のエピソードや特徴が噂されていました。それをいくつかあげてみたいと思います。

・村へ向かう道路に「これより先、立ち入り禁止。立ち入る者の命の保証は無い」と書かれた立て看板が存在する。

・古い鳥居のそばに骸骨のような模様のある石があり、そこが村の入り口である。

・村の奥へ進むと廃墟があり、血痕がまだ残っている。

これを元に、アンビリバボーの特集でも杉沢村の場所を探し、青森県へ行き廃村をまわったりしていましたが、結局これらの特徴と一致する場所は見つからず。真相は闇のまま、アンビリバボーの杉沢村特集も終わってしまいました。

杉沢村伝説の真相とは?

先に供述した「奇跡体験アンビリバボー」でも真相を突き止めようと、実際に青森県の廃村等をまわったりして追っかけていました。また、色々な書籍やDVDなどでもこの杉沢村が取り上げられ、様々な仮説や真相について語られていました。

しかし、どれもこれも確証も無く、真実がわからないまま現状ではこの杉沢村伝説の噂の火は消えかかり沈静化されています。

一体、杉沢村の真相とは何だったのでしょうか?

調べていくと以下のような事がわかりました。

杉沢村とされる地図上から消えた集落は存在しているが、実際の名称は「小杉」であった。今の青森市郊外にあたる「小畑沢」という地区がその場所であり、「杉沢村」というのは小杉地区の通称でだったそうです。

通称の由来は諸説あり、「杉林の中に沢が流れていた」とか「住所の小杉から『杉さ行ぐ』が訛った」など、色々と言われていますが、小杉地区が通称で杉沢村と呼ばれていた事は事実のようです。

この小杉地区も廃村となっているが、大量虐殺の記録など無く、過疎により消滅し青森市と合併したというのが実際のようです。

つまりはよくある過疎により村が他の市町村に合併され消滅したというだけの話であり、何故か尾ひれがついてネット上で噂が広まったというのが真相のようです。

因に、杉沢村で起きたと噂された大量虐殺事件は、実際は1938年に岡山県で起こった津山事件と酷似しています。恐らくこの津山事件がモデルとなり、杉沢村伝説に尾ひれがついたのでしょう。

 

かつては、オカルト掲示板では持ち切りの話であり、ゴールデンタイムのテレビ番組でも取り上げられる程話題となった杉沢村伝説。現在では沈静化していますし、やはり真相はなんて事は無い事であり、単なる噂話に過ぎなかったのかもしれません。

 

 

 

SPONSORED LINK

応援よろしくお願いします<(_ _)>
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ