探偵ナイトスクープで唯一の捜査打ち切り回!「ビニール紐」の真相は?

vrPamSOpZrI7NDC_YO7D3_2探偵ナイトスクープといえば、1988年に放送開始。現在も関西を中心に人気を博すバラエティー番組です。

数々の芸人が探偵となり、視聴者の無茶ぶりとも言えるような悩みや相談、調査の依頼を受けて解決していくという番組ですが、20年の放送の歴史の中で唯一

「調査打ち切り!」

と、なり依頼解決に至らなかった回があります。その放送回がかなり不可思議で、どこか恐ろしくもあり謎めいています。

ネット上ではかなり有名な話なのですが、一体何故「調査打ち切り」となったのでしょうか?

SPONSORED LINK

「探偵ナイトスクープ」調査打ち切りとなった放送回の内容とは?

この放送は1992年3月20日の放送でした。

依頼内容は

「大阪の鴻池新田界隈のガードレールや電柱に、梱包用の硬いビニール紐が多数 くくりつけてある。一体何の為にくくりつけてあるのか…。役所の人間が紐をほどいて撤去しても、またすぐにくくりつけられてしまう。あまりにも不可思議なので真相を調べてくれませんか?」

といった内容でした。

当初は軽い感じの内容にも思えたのですが、これが何とも不可思議で恐ろしい内容となってしまいました…。

この依頼の担当はトミーズ雅。

早速現地に乗り込み、依頼者と対面。例のビニール紐がくくりつけてある電信柱に案内してもらうと、そこには無数のビニール紐がくくりつけてありました。

電柱だけでは無く、ガードレールにもくくりつけてあり、調査を進めると依頼者の近所だけでなく、かなりの広範囲で電柱やガードレールにビニール紐がくくりつけられてる事が判明。

さらに、10分程前には何もなかった場所にもビニール紐がくくりつけられていたり…調査中も進行形でビニール紐がどんどんとくくりつけられていく…。

段々と不可思議さが増して、明らかに今までの普段の依頼内容とは違う事は明らか。不穏な空気が立ちこめていくスタジオ…。

しかし、そのまま調査を進めていくとある地域に集中してビニール紐がくくりつけられている。紐がくくりつけられてる範囲の端っこにあたる地域なので、どうやらこの地域からビニール紐がくくりつけられてると予想されました。

現地で聞き込み調査を続けていると、その地域のあるガソリンスタンドの敷地内に頻繁に紐がくくりつけられてるとの情報が…。実際にそのガソリンスタンドに行ってみると…

ガソリンスタンドの裏に数百本ものビニール紐が大量にくくりつけられていました。スタジオからは悲鳴の声が…。

結局、何の為に誰がビニール紐をくくりつけているのか原因は判明せず、ここで調査打ち切り。

しかも「以後本件に関する情報は 一切受け付けません」というテロップまで出てしまいました…。

結局、原因もわからないまま、しかもその案件に対する質問なども受け付けないという状況に視聴者としても半端なわだかまりと不可思議な恐ろしさが残りました。

ネット上ではこの事件の真相などについて色々な情報が回っていますが、一体真相は何だったのでしょうか?

ビニール紐が結ばれていた理由、事件の真相とは?

放送後、噂としては「立て看板を縛るための紐ではないか?」という意見が多かったらしいですが、どう考えても立て看板を縛る為だとしたら、明らかに数も多いし、くくりつけられてる場所もおかしい。また、「うちの前の電信柱にも硬質のひもがくくられてたが、今まで一度もこの電信柱には 立て看板がかかったことはない。」という情報もありました。

従って、立て看板を縛る紐とはどうも考えにくいわけです。

また、この案件が放送された時に「以後本件に関する情報は 一切受け付けません」というテロップまで出ています。

これに関して考えると、本当は番組として真相を突き止めたのだが、放送するにはあまりにもまずい内容だった…と考える事が出来ます。放送してはまずい内容であれば、真相について抗議されても答えられないわけですし、抗議される前に先手を打った…と考えるのが自然ですよね。

実際に放送後、ネットが発達してからこの案件に対する情報がかなり集まりました。その中の情報としては、ビニール紐をくくりつけていた犯人が判明、捕まっていたそうです。

役所の人間が大量の紐を処分し、犯人に

「何故こんな事をするのか?」

と質問した所、犯人は

「わからへん…でも、くくらなあかんねん…」

と答えていたそうです。

紐をくくりつけている本人も理由がわからない。でも、くくらないといけないという強迫観念にかられている…。あまりにも恐ろしいですね。

結局は精神的に異常をきたしている…と見るしか無いのか、それとも何かに取り憑かれているのか…結局はわからないままです。

ちなみに、この放送回はYouTubeなどで検索すれば見れますので、気になる方は見てみて下さい!

SPONSORED LINK

応援よろしくお願いします<(_ _)>
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ